スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京チームより報告と御礼

一番目打ち上げ:B*RP
T110605-9.jpg

B*RPの弐号機は、ランチャー離脱する瞬間にランチャーレールにひっかかったような異常な姿勢で12mほど浮いた後、地面に頭から落下してしまいました。
ノーズコーン部が大きく破損しましたが、中のカンサットは無傷でした。
セットした時間より短い飛行時間だったので、開放は、確認することができませんでした。
ただ、エンジン周辺の温度センサーの値を取得することができたので良かったです。
T110605-1.jpg

ロケガでは、ロケット製作の中で身につけた心構えや、それからもちろん機械技術という、将来役に立つ大きなものを得ることが出来ました。
私は来年のロケガに参加して、今回の失敗を生かし、先輩の分も必ず成功させたいと思います。

ロケット製作や打ち上げに協力して下さった大学生・先生の方々、
遠征を段取ってくださった先生方皆様、
また、広い空を貸して下さった大島町の方々、
今回、一度は中止となったロケガの打ち上げをすること出来たのは皆さんのおかげです。
本当に感謝しています。ありがとうございました!
(プロマネ北川)

二番目打ち上げ:えくす☆かりばぁ
T110605-4.jpg

えくす☆かりばぁの飛行状況は、次の通りでした。
正常にランチャーから離脱するも離脱後すぐに雲に隠れてしまい目視できなくなる。
目視できなかったため開放機構が動作したかわからず。
パラシュートを開く事無く地面に落下。
T110605-8.jpg

今回の打ち上げでは失敗したことや、課題となったところが多々ありました。
しかしこれらの失敗や課題は次につながる貴重な材料だと思います。
私は来年参加できませんが、きっとB*RPのプロマネの北川くんや来年のロケガのメンバーがこれらの材料を糧にして成功してくれるはずです。

このロケガの中で私は、技術的なことはもちろん、自主性や、いろいろな人の考えを見たり聞いたりすること、皆でひとつの物を作り上げる難しさなど多くのことを経験して学びました。
これらの体験は私にとって貴重な経験で、これから先必ず私自身にプラスになる物となりました。

ここまで私たちがこれたのも、
ロケット打ち上げという機会を設けてくださった先生方、
制作を手伝っていただいた大学生の皆様、
大島で打ち上げのサポートをして頂いた皆様、
なによりも一緒に作った東京チームのメンバー、
そして打ち上げ場所を提供していただいた大島の方々のおかげです。感謝してもしきれません!

本当にありがとうございました。
(プロマネ伊達)
スポンサーサイト

コメント

いいランチャーですね、エアロテック社の29mmのRMSコンポジットモータでなく54mmRMS、98mmRMSモータでも打ち上げれます、ハイパーテックのハイブリッドモータでも打ち上げができます、ロック社のブルーザーロケットに最適です
2011/11/01(火)15:08:37 |URL | 金なしクラブ員 #mQop/nM.[編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。